2010年01月14日

<武器輸出3原則>首相「堅持すべき」防衛相発言を否定(毎日新聞)

 鳩山由紀夫首相は12日、記者団に対し、「武器輸出3原則は堅持すべきだ」と述べた。北沢俊美防衛相がこれに先立ち言及した同3原則見直しを明確に否定したものだ。

 北沢防衛相は同日、東京都内での会合で同3原則について「そろそろ基本的な考え方を見直すこともあってしかるべきと思う」と述べ、年末までに予定する「防衛計画の大綱」(防衛大綱)の改定に向け見直しを検討する考えを示した。

 しかし、鳩山首相は北沢氏の発言を「多少口が軽すぎたと思う」と批判。同3原則堅持を掲げる社民党の福島瑞穂党首も会見で「どうしてそういう発言が出てくるのか全く理解できない」と反発した。

 武器輸出3原則は67年、(1)共産圏諸国(2)国連決議で禁じられている国(3)国際紛争当時国−−などへの武器輸出を禁じた政府方針。76年には3原則以外の国への輸出も「慎む」ことになり、実質的にはすべての国への武器輸出を禁じられた。一方で、装備の共同開発を緩和するため、04年にミサイル防衛(MD)では官房長官談話の形で例外措置を認めている。【仙石恭】

【関連ニュース】
鳩山首相:潘氏と電話協議 COP16に向け
鳩山首相:米議員が書簡「海兵隊グアム移転着実に」
鳩山首相:「それぞれが責任を」 日本航空企業年金減額で
中国副主席:鳩山首相の年内訪中に期待…静岡知事と会談
首相補佐官:10人に倍増…民間から5人 首脳会議方針

MY
バラ色の日々
クレジットカード現金化
現金化
無料ホームページ
posted by ウメキ マサオ at 11:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。