2010年01月18日

容疑者23日間病気休暇、減給の過去 発砲3人殺害で市長陳謝(産経新聞)

 大阪府羽曳野市の居酒屋で発生し、3人が殺害されたライフル銃発砲事件。発砲後自殺した同市桃山台の大阪市環境局職員、杉浦泰久容疑者(49)が勤務していた大阪市の平松邦夫市長は13日、報道陣の取材に応じ、「市の長い歴史の中でこれほど悲惨な事件を起こした人はいない。亡くなった人や遺族の気持ちを察すると言葉にならない。大変申し訳ない」と沈痛な表情で陳謝した。また、市環境局の檜垣洋次局長も会見して謝罪した。

 会見に同席した環境局幹部は、杉浦容疑者について「ごく普通の職員で勤務態度は問題はなかった」とする一方、「(職場の)斎場の利用者や同僚にぶっきらぼうな態度をみせることがあり、口数は少なかった」と話した。

 平成20年10月から9カ月間勤務した佃斎場(西淀川区)では、あいさつせずに部屋に入ってくることなどが原因で、同僚と折り合いが悪かったという。猟銃所持の許可を持っていることは周囲に伝えており、「猟が趣味だ」と話していた。

 19年9月には、禁止されているマイカー通勤をしていたとして減給処分を受けたこともあった。最近は特に変わった様子はなかったが、21年4〜5月に糖尿病で連続23日間の病気休暇を取得。犯行前日の今月11日は公休、12日は有給休暇を取得していた。

【関連記事】
義母ら2人射殺した大阪市職員、妻と離婚調停でトラブル
重体の男性が死亡、犠牲者3人に 羽曳野市の居酒屋発砲
撃たれたのは元羽曳野市議長「どうしてこんなことに…」凍り付く住民
居酒屋で大阪市職員が発砲、3人死傷 本人自殺 大阪・羽曳野
猟銃3丁、実弾70発盗まれる 神奈川

西日本で大雪の恐れ=低気圧急発達、日本海側暴風−気象庁(時事通信)
「年下嫌いだった」大学3年、弟の殺人未遂容疑(読売新聞)
「“マモノ”は単なる悪態」被告の無罪主張を一蹴する検察官(産経新聞)
雑誌が電子化したら 半数近くが「購読しない」(産経新聞)
中国から覚醒剤密輸で元組員起訴 体内に150グラム隠す(産経新聞)
posted by ウメキ マサオ at 23:21| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

課税停止、160円程度で調整=ガソリン税の特別税率−政府税調(時事通信)

 政府税制調査会は15日、ガソリン税(揮発油税など)の暫定税率に代わって創設する同規模の特別税率に関し、ガソリン高騰時に課税を停止する目安となる「発動基準価格」を、ガソリン1リットル当たり160円程度とする方向で調整に入った。課税を復元する「解除基準価格」は同130円程度とする方向だ。
 また、課税停止や復元を見極める期間は3〜4カ月を軸に調整している。この間ガソリン価格が160円を上回る水準で推移すれば、1リットル当たり53.8円のガソリン税のうち特別税率分(25.1円)が引き下げられ、その後ガソリン価格が130円を継続的に下回れば再び同額が課税されることになる。
 18日の税調全体会合で詰めの調整を行い、2月上旬にも通常国会に提出する税制改正関連法案に盛り込む方針だ。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」

<八ッ場ダム>24日に会合 前原国交相と地元(毎日新聞)
<社民党>新成人に福島党首が支持を呼びかけ(毎日新聞)
元秘書、石川氏から証拠隠しは「小沢先生のご指示」と聞いた(産経新聞)
「龍馬の船」復活ぜよ!(産経新聞)
ペットめぐる口論で女性刺す? 殺人未遂容疑で会社員を逮捕(産経新聞)
posted by ウメキ マサオ at 03:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。